Network Japan / SANUS
「薄型テレビの壁掛け」をテーマに、そのツールや事例を紹介します

■ カテゴリ

SANUS SYSTEMS (2)
製品紹介 (3)
フルモーションマウント (1)
エレメンツ (1)
SANUS ムービー (2)
施工事例 (6)
NWJ トピックス (11)
未分類 (0)

■ 最新記事

■ 月別アーカイブ

■ 最新トラックバック

■ プロフィール

NetworkJapan

Author:NetworkJapan
ネットワークジャパン株式会社は、
SANUS SYSTEMS 製品の
日本総代理店です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
SANUS スクリーン・ケア・キット ELM101 / ELM102
ELM101

せっかく買ったテレビも、画面が汚れてしまっていてはハイビジョンも魅力半減。 テレビのお掃除はぜひ SANUS のスクリーン・ケア・キットで。
まめにお手入れしてあげるのが、製品を長持ちさせるコツです。

SANUS スクリーン・ケア・キット ELM101 は、アルコールやアンモニア成分を一切含まない特殊ジェルと、TV画面に帯電した静電気を取り除くブラシ、それに汚れをしっかりと拭き取るマイクロファイバーワイパーのセットがハードケースに入った商品です。

たかがクリーニングキットと侮るなかれ。SANUS の技術はこのようなキットにも細部までこだわっています。

<1.静電気除去ブラシ>
まずはこれで画面についた埃を取り除きます。

<2.クリーニング・ジェル>
スプレーボトルには「マイクロミスト」というテクノロジーでノズルから一気にジェルが拡散されますので、TV画面に吹き付けても液垂れしません。しかもジェルはアルコールやアンモニア成分を一切使っていませんから、画面周辺のTV本体(ベゼル)をも変色させることなく綺麗にできます。

<3.マイクロファイバーワイパー>
仕上げはこのワイパーで、画面に噴きつけられたジェルを拭き取るだけ。おまけでもう1枚付いている大きなクロスでベゼルを拭き掃除していただくと、キズもつかず油よごれや指紋などもしっかりと落として、テレビは新品同様に蘇ります。

SANUS ELM102値段は少し高めですが、クリーニング・キットとしては最高級の性能を誇る SANUS の ELM101 クリーニングキット。 さまざまな工具とともにこれを常備するホームシアターのインストーラーさんたちも、秘かに増えています。

ジェルが少なくなったら、クリーニングジェルとマイクロファイバーワイパーをセットにした SANUS ELM102 (右の写真)をお求めください。

スポンサーサイト

テーマ:壁掛けテレビ - ジャンル:趣味・実用

カデンツァ ショールーム
Cadenza ShowRoom

写真はカデンツァ株式会社様(神奈川県三浦郡葉山町)のショールームです。
中央の壁面には SONY の KDL-40ZX1 という 薄さなんと 9.9mm のテレビが美しく壁にかかっています。

MMF110 + MA4A実はここに、SANUS フルモーション電動マウント 「MMF110 」 が利用されているのです。

MMF110 は、TV背面の壁掛金具取付け用ネジ穴4点の間隔が 200mm×200mm (いわゆる VESA200)の対応となっていますが、KDL40-ZX1 は 300mm×300mm と VESA規格外でしたので、 MA4A という別売アダプタとセットでインストールしていただきました。

電動マウントがホームポジションの状態では、壁面からTVまでの距離は 7cm。そのTVを壁面から 17cm まで引き出して画面を下に向けたり左右に首を振ったりの操作を全てリモコンで行うことができます。

カデンツァ様はライフスタイル提案型ホームシアターショップ。 ホームシアターだけでなく、お客様の希望するライフスタイルを実現させてくれるお店です。

フルモーション

カデンツア株式会社
神奈川県三浦郡葉山町堀内172-1
TEL: 046-876-0777

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 Network Japan / SANUS all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。